栃木県日光市・宇都宮市・塩谷・河内町・鹿沼の賃貸・売買の専門店!お気軽にお問い合わせ下さい。
森の建築家トップページ スタッフ紹介 星住宅トップページ 会社概要 お問い合わせページ
大自然が演出する流木のロマン

天然木の家では夜、寝静まったときに、

まるで木がなにかを語りかけてくるように「ピシッ」と音がすることがあります。

それは木が呼吸して、伸び縮みするために起こる音です。

呼吸とはいっても、乾燥状態で細胞が空気中にある水分を吸ったり、吐いたりする調湿活動をいいます。

まるで木が環境の変化を、私たちに知らせようと、話しかけてるみたいですね。

天然木の家の床は、冬に床板の間に少し隙間ができ、夏には元に戻ります。

これは冬に空気が乾燥すると湿気が吐き出して収縮し、夏は湿気を吸い込んで膨張するためです。

 

困ったものです。

天然木も人も素朴すぎて、複雑な人間関係の中では生きにくいものなのかもしれません。

自然のままに生きる、ちょっと変わった愛嬌のあるやつとしてつき合えばどうでしょう。